Pocket

Sponsored Link

愛河里花子画像

愛河 里花子(あいかわ りかこ、1967年[1]10月7日 – )は、日本声優女優アトミックモンキー所属。

神奈川県生まれ。血液型O型。身長152cm。神奈川県立横浜翠嵐高等学校卒業。子役出身。それまでの川添 なおみ神無月 なおを経て今の芸名となる。本名は岩田 菜穂美(いわた なほみ、旧姓:川添)。夫は同じく声優の岩田光央

wikipediaより

声優として

テレビアニメの声優から、映画や舞台。海外のドラマやアニメまでも幅広く活躍されています。トヨタのファンカーゴの早口CMは有名ですね。

噛まずに歯切れ良く、それでいて聞きやすい・・・

流石です。

 

読み聞かせについて

絵本を読むにもいろいろなコツがあるようですね。

その絵本の魅力を存分に引き出すために出来ることは大きく分けて三つあるようです。

①「自分の読み癖に気をつけてイントネーションを見直すこと」

「自分の読み癖に気をつける・・・・」この点だけでもなかなか自分で築くのは難しいですね。

癖となってしまえば、「無くて七癖」とも言いますよね。

まず自分を客観的に見るということでしょうか。

そのためには、自分の読み聞かせを誰か相手に聞いてもらうか、自分の声を録音してそれを聞くことが出来るかもしれませんね。

ボイスレコーダーを使ったり、スマートフォンのアプリでも同じ録音機能のついたものを活用することで、自分の癖を見つけて、

イントネーションの改善を図ることが出来ると思います。

 

②「言葉にどのような感情を入れるか考えてから文頭を読み始めること」

 

・・・・ということは、読み聞かせをする前の準備段階で、朗読する文章の意味をしっかり把握しておくと言うことですね。

ただ間違えずに読む、というだけでなく、感情をしっかり込めるために読み聞かせする絵本の内容を、体で覚える、染みこませる、という感じがしますね。

文章を読んで、絵が出てくるような、準備を心がける必要があるんですね。

③「話す相手との心距離・体の距離を考えること」

読み聞かせを聞いてもらう相手の事を考えて、読むということですね。心の距離を考える場合、聞いてもらう年齢や世代、文章の把握力等が関係してくるといえるでしょう。

体の距離は、実際に出す声の大きさ、マイクを使うのか使わないかでも声量は変化させる必要があるでしょう。

上手に読み聞かせるポイントのまとめ

Sponsored Link

①~③ポイントを分析すると見えてくるものがありますね。

①はまず、知らない自分を正しく認識する。

②は準備は心から行う

③は聞いてもらう相手を理解する。

それぞれ大切な点ですね。

相手に心地よく聞いてもらうことが大切だと思うので、わたしも読み聞かせをする機会があれば、

自分が正しく読めているかどうかだけでなく、聞いてくださる相手も思い描きながら読む必要性を改めて感じました。

学べる点がたくさんあります。

愛河里花子さんのこれからの活躍にも期待しています。

Sponsored Link