Pocket

みなさんは温泉は好きですか?

これから寒くなっていく季節に入って行くので、

温かいものが少しづつ欲しくなってきますね。

温泉かけ流し
写真AC

体の芯から温まる温泉もその一つです。

では

温泉旅館に行って、ほとんどと行って

旅館の部屋にあるもののの一つに

お茶と

「お菓子」

があります。

なんでかな?

教えてもらいました。

温泉旅館の部屋にお菓子があるのはなぜ?

悩む女性
写真AC

それは「血糖値を上げるため!!」

だそうです。

わたしが今まで思っていたのは、

その土地の名物を、

「宣伝するため」と思っていました。

ちょうど、その土地の名物を試食してもらう、

旅館に泊まってもらって

食べてもらう良いタイミングだと思ったからです。

 

もっとも、旅館としても、旅の疲れをいやす

くつろぎのために、名物のお菓子を

出して、お客様へのサービスも

含まれていると思いましたが。

 

血糖値を上げるため!

だったとは以外でした。

どのような効果があるのかな?

Sponsored Link

より体があったまる?ということもあるのかもしれませんが、

温泉への入浴が体に及ぼす影響として、

血糖値の下がり過ぎを防いで、体を守ることができるようです。

血糖値とは血中の糖の濃度のことです。

血糖値が下がりすぎるないように注意が必要だそうです。

70ー100・140あたり

ウォーキング10分が必要です。

60になると→立ちくらみ

30分前から1時間前に糖分を取る必要があります。

そこで、温泉旅館のお茶菓子ということになるわけです。

101で止まった
下がりすぎなかった

まとめ

血糖値を上げるため、旅館の対応、配慮

で[お菓子]ということがになるのです。

できるだけ温泉に入る前に食べるほうが、

効果的であることがわかりました。

 

最後まで読んでくださりありがとうございました。
50d73d241fbfaaff9ae78c8b4b8a20dd s

写真AC