Amazonプライムデーが開催されています。今日と明日ですね。

今回狙い目ではないかと思う注目ポイント2つの商品を確認しておきたいと思います。

Fire TV Cube

Fire TV Cubeは、Amazon Fire TVシリーズ史上最もパワフル。高速起動でお気に入りの映画や動画がすぐに楽しめます。

今回のプライムデーは太っ腹!という感じがしています。いままであまり割引されなかったものが大きな割引率で販売されていますね。
Fire TV Cubeは今までの割引のある特別な日でも、あまり関係なく定価を貫いていたようでした。Fire TVシリーズ最高峰の貫禄だったのでしょうか。値引きがほぼ無しでしたね。
しかし今回のプライムデーでは40%割引!今までで見たことのない割引率だと思います。

Fire TV Stickは 今回プライムデーでは値引きはなしですね。
新しく発売されたところなので値引きなしでも注目度は高いと言えますね。

以前の記事も確認してみてください。

そして4K Fire TV Stickも値段の動きなしですね。(2020/10/13 22時21分更新 ¥4,280の割り引き価格で販売されていますが、すでに在庫切れでキャンセル待ちとなっています。

わたしは、どちらかというと4K Fire TV Stickの値段が今回下がってくれれば、一台購入しようかとも考えていましたが、まさかのFire TV Cubeのほうが安くなってくるとは・・・悩みどころですね。このままプライムデーが終わってしまいそうです・・・・

標準のFire TV Stickと4K Fire TV Stick、そしてFire TV Cubeで2,000円づつの違いで良い幅の値段設定なりました。

イーサネットのケーブルも標準でついてくるので、有線LANでFire TVの使用を考えておられるユーザーは、Fire TV Cubeの購入もありですね。追加でケーブルを購入する値段も考えると
Fire TV Cubeの方がスペック的にも良い選択になるかもしれません。

Kindle Oasis 色調調節ライト搭載 wifi 8GB 電子書籍リーダー

Kindle史上最高のPaperwhiteディスプレイ。7インチ、フラットベゼル、300ppi
色調調節ライトを初搭載。ホワイトからアンバーに色の暖かさを調節可能
防水機能搭載(IPX8等級)でお風呂でもプールでも読書を

電子書籍のニーズは大きくなっていますね。電子書籍で読めたらペーパーレスにもなります。しかし、ディスプレイで見て読む場合、目の疲れが気になるところです。

そこで、このKindle Oasisの表示の仕方が良いようですね。
フロントライトとして画面を表示しているので、目に向かってライトを照らしているバックライトでの表示とは目に与える影響が異なるそうです。目に優しい作りになっているんですね。

しっかりと本を読むときは集中して読むことが多いと思います。印刷版の本でも目が疲れるときがありますが、ディスプレイをずっと見ている疲れ方とは、また違いますよね。

少しでも目の疲れ少なくして、しかも印刷版に近いような状態で読めるKindle Oasisは良い端末だと思います。
Kindle Oasisはフロントライトが25個もついて見やすさを調整可能です。お手頃価格のKindleの場合はフロントライトのLEDが4個なので、大きな差があります。値段の差も大きいですが・・・・

Kindleシリーズならではの注意点ですが、画像は白黒しか出ません。

まとめ

どちらもAmazonの商品になりますが、ここまでの値引きはなかったと思われます。
次の新たなバージョンアップの商品が出てくるのではないかと思うくらいですね。

明日はアップルの新iPhoneが出るかどうかなのでそのあたりの意識もあるのかもしれません。

最後まで読んでいただきありがとうございました。