Rakuten UN-LIMIT Vの300万回線はいつになるのでしょうか?今のところはまだ200万回線突破の声が上がってないようなので、少し待ちわびているのと安心しているのと複雑な気持ちですね。

楽天回線エリアも少しづつ増えているのようなのでこのまま地域が増えれば、自宅でも職場でも使いやすくなると思われます。

Android11バージョンアップ情報について調整があったようなので確認しておきましょう。

Android11バージョンアップ削除 OPPO A5 2020

先日Android11へのアップデート端末について書きましたが、今回さらにXiaomi A5 2020が一覧から削除されました
。オウガ・ジャパンからの情報修正と書かれていますが、OPPOの日本法人の名称が、オウガ・ジャパンになりました。

楽天回線のOPPO A5 2020は楽天ポイントによるキャッシュバックも多い端末だったので、最初に試して見るには手の届きやすい端末だったと思いますが、この度のバージョンアップのキャンセルによって先が見えにくくなってしまいました。

「OPPO A5 2020」は2019年11月発売の製品なので、決して古い端末の部類には入らない時期だと思います。トリプルスロットや、リバース充電など特徴ある機能を搭載しています。

今後は5Gの端末が主流になっていくのか、それとも、あらたな A シリーズが出るのか、今後のOPPO オウガ・ジャパンの動きにも注目ですね。

以前の記事もご覧ください。

Rakuten UN-LIMIT V で5G対応に

5G対応のアナウンスが来てから幾日が立ちました。10月12日より順次アップグレードでもともと加入していたRakuten UN-LIMITユーザーは、自分で5G対応にするか、それとも自動的に切り替わるのを待つか、どちらでも選択が可能です。

今の所すぐに5Gが必要というわけではなかったのと、実際5G対応端末を所有していないこともあり、Rakuten UN-LIMIT Vへはまだアップグレードしていませんでした。ネット上ではちらほら自動アップグレードも起きているようですが、わたしのところはまだでした。それでも十分使用可能です。

まとめ

・Android11バージョンアップから削除 A5 2020

・Rakuten UN-LIMIT V で5G対応に

Rakuten UN-LIMIT Vの申込みが増えているのでしょうか?わたしのSIMがまだ、アップグレードが来ていないところを見ると新規の登録に時間がかかっているのかもしれません。随時アップグレードされるようなので待ってみたいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。