Pocket

新たなiPhoneが発表されましたが、iOS12の搭載もあって、機能満載ですね。

一つ気になる機能として
今回発表された3つの
iPhoneXS
iPhoneXS MAX
iPhoneXR

すべてに対応している
「eSIM」
とは何でしょうか?

この機能があると何が出来るのか
調べてみました。

eSIMとは

スマホと南京錠とSIMカード

eSIM
(Embedded Subscriber Identity Module)
リモート操作で通信事業者の切り替えができる組み込み用SIMのことです。
SIMCHANGE

SIMカードには通信事業者からの情報が書き込まれています。
キャリアを切り替えるときは通信事業者にSIMカードを交換してもらう必要がありました。

ところがeSIM対応の機種があれば
iPhoneやスマホにあるeSIMをそのままの状態で通信事業者を変更できるというわけです。

通信事業者が変わる場合でも新たな契約情報を、
ダウンロードをするだけで変更することが可能です。

国内で使う場合はそれほどメリットはないかもしれませんが、海外旅行をする場合に手持ちの携帯電話が使えるのは便利ですね。

海外へ移動する女性

最近では、データSIMだけでも海外で使えると、
SNSのアプリを入れて連絡を取ることもできますし、タクシーなどを呼ぶときにもスマホを活用できますね。

この度の新しいiPhoneXS・XS MAX・XR
シリーズにも、eSIMが搭載されています。

海外旅行や、お仕事で海外へ行かれる方は
便利な機能かもしれません。

注意を一言

Sponsored Link

今回のiPhoneシリーズは、すべての通信事業者が「eSIM」に対応しているわけではありません。

日本においてはこれから「ソフトバンク」が対応するような動きをしていますが、まだわかりませんね。

これからの動きを調べていきたいと思います。

ということはiPhoneもDSDSに対応?

そういうことにはなりますが、
現在アンドロイド出来るほどの自由さはありません。

Apple SIMもあったよね

SIMカードになやむむ猿

AppleシムはiPad Proに対応しているSIMカードですね。
内蔵されているものもあれば、
あとからSIMカードを入れ替えて使用するタイプもあります。

今Appleから発売されている、iPadのセルラーモデルはすべてAppleSIM対応ですね。

まとめ

Sponsored Link

SIMカードは通信事業者と契約者との
橋渡しをする大切な部分ですね。
eSIMが普及すれば、もっと世界が身近になるかもしれませんね。

キャリアどうしの橋渡しが自由にできるようになれば、もっと人と人のつながりの壁が低くなるのではと思います。

最後まで読んでくださりありがとうございます。