Pocket

iOS12で出来るいくつかの、
新機能をお知らせしてきましたが、
次の機能は、近未来を彷彿させる機能ですね。

拡張現実です。それって何?

ARの文字

拡張現実とは何でしょうか?wikiを調べてみました。

スマートフォンを通して見た風景上に、その場所に関する情報がオーバーレイされる
拡張現実(かくちょうげんじつ、英: Augmented Reality、オーグメンテッド・リアリティ、AR)とは、人が知覚する現実環境をコンピュータにより拡張する技術、およびコンピュータにより拡張された現実環境そのものを指す言葉。
wikiより

スマホの画面の上にあたかも、存在しているかのように3Dで表示される技術のことです。
「AR」は時々聞きますね。
近未来の感じがします。

iOS12ではどうなるか?

Sponsored Link

顔の動きを追跡

拡張現実で出てくるキャラクターが、ユーザーの目線を感知し、顔の動きに合わせて、動くようです。
目線でセキュリティを作ることが出来るので、このようなことが出来るのでしょうね。

計測アプリケーション

iPhoneやiPadのカメラ機能を使って、カメラ上に出てくる空間の距離を計測したりすることができるそうです。
垂直や、平行を計測するアプリはありましたが、
さらに距離が計測できるなら、遠くの部屋の間取りや、入れない空間さえも、調べることができそうですね。
動物園の飼育範囲なども、調べることができそうです。

まとめ

Sponsored Link

他にも
シーンを保持したり、ファイルのフォーマットも新たなものになるようですね。
ファイルやメッセージ、サファリなどにも拡張現実の要素を取り込んでいけるようです。
拡張現実の世界を身近に体験できるようになりますね。

今後の発展が楽しみです。

拡張現実の世界