Pocket

友達と写真を撮るとき
何で撮られますか?

もちろんカメラですよね!

女性がカメラを構えている

しかし今では、フィルムカメラで撮ることはなくなってきました。

フィルムが引っ張り出されたあと置かれている

そのかわりに携帯電話でカメラ機能をつかうことが
多くなってきましたね。

それではiOS12の新たなカメラの機能を見ていきましょう。

ポートレートライティング

Sponsored Link

iOSのカメラの機能の中にポートレートモードがあります。
この度のiOS12にバージョンアップすることにより、これまで以上に撮影した写真が美しく写るようです。

「スマイル〇〇%」なんて機能がついているカメラを見たことがありますが、
iOS12のカメラも、
人を検出するとマスクを作り出して、
人を際立たせるため背景とのコントラストをはっきりさせて写真を撮ることが出来る新たな機能を搭載します。

注意したいのは・・・

Appleの解説を見ると・・・・

ポートレートモードでは、iPhone 7 Plus、iPhone 8 Plus、iPhone X に搭載されているデュアルカメラを使って、被写界深度エフェクトを適用できます。背景をきれいにぼかしつつ、被写体を際立たせた写真を撮影できる機能です。iPhone 8 Plus や iPhone X では、魅力的な照明エフェクトを写真に適用することもできます。iPhone X の TrueDepth カメラなら、ポートレートモードでセルフィーを撮ることだって可能です。
Apple webサイトより

ポートレードモードが搭載されているのは、「iPhone 7 Plus、iPhone 8 Plus、iPhone X 」ということですね。

デュアルカメラが搭載されているiPhoneということになります。
ということは、iPadにはデュアルカメラがないので、
「ポートレードモード」は、ないということになりますね。

そして他の携帯電話のカメラ機能にも言えることですが、
携帯自体のカメラの能力を超えて、アプリで機能を引き出すことには限界があります。
もともと持っている機能に広がりをもたせるために、アプリやOS(オペレーティングシステム)を使って補填することが限界だからです。
もし、アプリでもともとの機能を超えられるようなことがある場合は、デフォルトの時点でかなり機能が制限されていたことを考えることができます。

Sponsored Link

もちろん最初からデバイスをフルパワーで使うことは、デバイスの暴走も考えられるので、あえて抑えた状態で出荷されているのかもしれません。

それで、OSのアップデートにより、本来の力を発揮できる機会になると、いいですね。
アップデートの醍醐味と言えるかもしれません。

擬似的にシングルのカメラにデュアルカメラのような状態を作り出すアプリもあります。
試してみるのもいいですね。どのような仕組みになっているのか調べてみるのもいいかもしれません。

まとめ

スマホのカメラで写す

その時、その瞬間を撮る事ができるカメラは想い出づくりに
役立ちますね。

シャッターチャンスは急に来ることもあるので、いつも携帯している、スマホや、携帯電話は「渡りに船」の存在です。

そんな便利な携帯スマホのカメラですが、

鳥が飛んでる・・・・
よく静止したまま飛べるなぁ・・・・・

Hummingbird 飛んでいる

なぜそんな飛び方が出来るんだろう?
他の鳥とはどこが違うんだろう?
・・・・・
・・・・・
「あっ!・・・・・・・写真撮るの忘れた・・・・」

あっさりチャンスを逃してしまう、管理人でした。