Pocket

わたしたちは誰もが安全に対して、

高い水準を保ちたいものです。

だからこそ、高いセキュリティを実装したいと思います。

Apple社の製品も、そのことを意識して高いセキュリティ構築しています。

しかし、それはそれで、問題が起きているのも事実です。

iPadの中の家族写真をもう一度みたい

Sponsored Link

撮った写真をもう一度見つける・・・・

それは難しくないことではないでしょうか?「写真」の中から

しかし、撮った写真を他の人が見るということになるとどうでしょでしょうか?

プライバシーに関わることになりますね。

以前にも遺族に対して、子供のiPadの中を見ることが、

プライバシーに反するので、

厳格な手続きが必要だったケースがありましたね。

確かに、セキュリティがしっかりしているのは

安心できることですが・・・・

第三者が簡単に

デバイスの中を見られることも不安要素になりますね。

ロック解除が出来ないデバイスが増えている?

暗号化のため、アクセスすることができなかった装置の数を、FBIは『繰り返し』誇張した

9to5mac.comの記事より

FBIまでがこのセキュリティ問題に関係しているようですね。

ロック解除できなかったデバイスが増えていると思われているが

実のところはそうではないようで….謎ですね。

デバイスのロックを解除できるように要請しているようですが・・・

その一方で、アップルは、そのようなツールを作成することがユーザーデバイスのセキュリティを大幅に構成すると確信しています。最近、Craig Federighi氏は、「顧客が個人情報を安全に保つために製品に頼っていると考えると、セキュリティの弱体化は意味をなさない」と述べています。

9to5mac.comの記事より

まとめ

Sponsored Link

プライバシーの形もデジタルデバイスの誕生から大きく変化してきていますね。

もちろん、

デバイスの中身を見られても問題ない状態にしておくなら、

一番気持ちも楽ですね。

しかし

なかなかそれだけで済まされないのが、現状のようです。

個人の大切な情報を守るためにまだまだ適切な方法を

探る必要があるのかもしれません。