Pocket

Appleライフは楽しまれていますか?

9月12日(日本は9月13日の午前2時ころ)は新製品の登場が期待されますね。

今は新しいデバイスの購入は少し待つことも選択肢の一つかもしれません。
一番新しいデバイスを狙っておられる方はもちろん、
「待ちの一手」
ですし、

あえて一つ前の古いタイプを狙って、
安く購入するのも
一つの方法です。

わたしは、後者をよく使います。

新しいiPhoneが出るまで、せんさーについて調べてみましょう。

ジャイロ

[ad#co-1]ジャイロとは、ジャイロスコープの略称です。
ジャイロスコープとは何でしょうか?
時々耳にするような言葉ですが、しれべてみました。

ジャイロスコープ
上下対称な独楽(こま)の軸を,輪形の支台で支え,さらにその輪をその輪に直角な輪で支え,かつまた二つの輪に直角な輪で支えたもの。独楽が回転すると,その軸は,外力を加えない限り一定の方向を指し,支台を動かしても変わらない。回転儀。
wikiより

なるほど、ジャイロスコープのおかげで、
iPhone、iPadの画面を常に一定に保つことが出来るようになっているわけですね。

iPad、iPhoneのスペック表に出てくる
「3軸ジャイロ」は、
3つの方向性に対して、数値をセンサーで
感知して
それを、画面表示の一定を保つための計算をしてくれている
ということになりますね。

このジャイロのおかげで、
縦に持っても、横に持っても
見やすい画面を維持してくれているのです。
素晴らしい機能ですね。

このジャイロセンサーについてはEPSONのページがわかりやすいかと思います。
是非参考になさってみてください。

ジャイロセンサとは ~仕組みとトレンド~



ときおり、寝っ転がってiPhoneを触ろうとすると、
逆向きに回転してしまうこともありますが、
それもジャイロの反応ですね。

「寝ながらスマホは良くないよ」

と言われているのかもしれません。
気をつけたいと思います。

まとめ

[ad#co-1]
ジャイロについて、調べて見ました。

なかなか奥が深い、センサーの一つですね。
様々なデバイスに現在では搭載されています。

便利なセンサーのおかげで使いやすくなっています。

これからなにかのデバイスを購入されるときは
これらのセンサーが備えられているか
是非チェックなさってみてください。