Pocket

RakutenMini

RakutenMiniの大きな特徴はやはり、コンパクト!
今は大きな画面のスマホはだんだん珍しくなくなってきました。
しかし、ここまで小さなスマホは逆に珍しいといえます。

そのなかで、結構便利な表示方法をご紹介いたします。

RakutenMiniのTOP画面上で「秒」表示ができる!!

こんな表示方法です。

秒表示

これは良いと思いませんか?ステータスバーに「秒」表示ができます。

この表示方法でピンときた方は、Android歴がかなりの方とお見受けいたします。
この表示方法は結構古い機種には搭載されていた方法だからです。

それは、「システムUI調整ツール」です。

このツールはAndroid6.0からの隠し機能として、登場しましていたようです。
隠し機能なので、全面的には「使用できます」とアナウンスされているものではありませんでした。

設定パネルの「歯車」の長押し(5秒程度)でその機能を出現させることができていました。
しかし、すべてのAndroidスマートフォンができるわけではありませんでした。

しかし、それが出来ると

”一部の方のみお楽しみいただける限定公開ツール”

として、Androidのさらなるカスタマイズが出来るようになっていました。

その機能をRakuten Miniでも出来るのではと思ったわけです。

正攻法では無理でした・・・

Sponsord Link



RakutenMiniの場合、今までの方法では「システムUI調整ツール」は出せませんでした。
設定画面の「歯車」を長押ししてもうんともすんとも言わない状態でした。

そこで、他の方法
「QuickShortcutMaker」というアプリを使って表示する方法を使えば、楽天のトップ画面上にこの表示ができます。

どのように「QuickShortcutMaker」を使うか

このアプリをgoogleplayからインストールします。
そして「キーワードで絞り込みます」という検索窓があるので・・・・
「システムUI」とキーワードを書き込み絞り込みます。

そして「システムUIデモモード」を探し出して・・
「起動」を押すと・・・・

出ました。この画面です。

「システムUI調整ツール」ですね。
さらなるカスタマイズの道が開かれます。

その一番下のところに
ある「時間 分 秒 表示」の部分を調整すると
ステータスバーの表示を変更することができます。

これで、Rakuten Miniでもステータスバーに時間とともに「秒」表示ができます。

ただし、秒表示の分、表示が横に伸びるので、Rakuten Miniの文字表示を大きくしてしまうと、全部入りきることができません。
文字表示は一番小さい表示のときのみスッキリ入ります。その他は、電波表示の「Rakuten」がスクロールしたり、NFCの表示が「・」表示になったりしますのでご注意ください。

もし、ご使用のRakutenMiniに不具合が起きましても責任は取れませんので、くれぐれも自己責任でお願いいたします。

他のスマホではできなかったんです。

では他のスマホでも「QuickShortcutMaker」インストールすれば簡単じゃない?
と思われるかもしれません。
これがなかなかのなかなかで。。。。。

わたしの少ない経験でいきますと、
「システムUI調整ツール」の表示まではできますが、実際に設定してもその設定が反映されない!
ということがありました。
時間の「秒」表示に関しては、結局できずに終わってしまった。
それで、今回Rakuten Miniで「秒」表示ができたのでとても嬉しかったです。

まとめ

Rakuten Miniがステータスバーに「秒」表示ができることで更に愛着がわきました。
もし興味がお有りでしたら一度試してみてください。
もちろん自己責任でお願いします。

最後まで読んでくださりありがとうございました。