今日も暑さが逆戻りですね、暑い日が続きます。
なんか暑さが体にこもっているのか、暑さは感じないのに水分を取ると急に汗が吹き出してきます。
熱中症対策に注意を払っていきたいと思います。

熱いといえば、この夏は「Xiaomi Redmi Note 9s」フィーバーでしたね。
この機能でこのコスパ!とりあえずAndroidを使ってみたいというユーザーにはおすすめですね。
以前のキャンペーンはこちらから

この「Xiaomi Redmi Note 9s」がいよいよ楽天専用回線端末に選ばれました!

確認しておきましょう!

「Xiaomi Redmi Note 9s」の楽天専用回線端末

Redmi Note 9s専用回線表示

対応サービス
データ通信 対応

音声通話 対応

テザリング 対応

SMS 対応

SIMタイプ nanoSIM

確認時のOS バージョン MIUI 11 based on Android 10

確認時のSW バージョン V 11.0.11.0.QJWMIXM ※記載の「確認時のSWバージョン」以降が楽天回線に対応します。

ETWS(緊急地震速報、津波警報など)受信可

APN自動設定

国内 対応

海外 対応

楽天回線対応製品




楽天専用回線端末だけに、完全対応ですね。楽天の全てのサービスを自由に使うことができそうです。

特にETWS(緊急地震速報・津波警報)などの緊急時の災害情報が受信できるのも大きいですね。
昨今の自然災害の状態を考えても、できるだけ早めの対策によって未然に防げるものもありますね。
以前は誤報のようなエリアメールもありましたが、最近は「熱中症に注意」や「日中の運動は原則禁止」などの警告を送ってきてくれています。日中の危険に対する注意を促してくれます。

楽天の専用回線エリアも少しづつではありますが、増えてきていますね。
楽天以外のキャンペーンも含めて、他の会社で「Xiaomi Redmi Note 9s」を契約した方もおられると思います。この機会に楽天は、Rakuten Mobile UN-LIMIT2.0でも使ってもらいたいと願っているのかもしれません。

特に「Xiaomi Redmi Note 9s」はデュアルSIMを搭載することが可能ですので、Rakuten UN-LIMIT2.0で契約しても、SIMをどちらも使用することが出来ますね。

Rakuten Mobile UN-LIMIT2.0は一年間無料で使うことが出来ますから、最初の事務手数料は支払いますが、SIM契約だけでも十分、使用することが出来ますね。

「Xiaomi Redmi Note 9s」はスペック的にも十分なものを持っているので、あらゆる用途に活躍できると思います。

スペックは過去の記事から

メモリが4GB/64Gのタイプと6GB/128GBのタイプがありますが、可能なら後者の6GB/128GBがおすすめですね。
最近はAndroid端末も4GBは最低ラインになってきています。もちろんRakutenminiなどの機種はそこまでスペックは高くないですが。

メイン機として使用される場合は特にメモリが6GB以上あると使用感もストレスなく使えると思います。
OSが上がっていけば行くほど端末もある意味負担がかかり動きが悪くなってきますから。

ぜひこの「Xiaomi Redmi Note 9s」をRakutenMobileのキャンペーン対象機種になれば、さらに人気が出ると思います。

まとめ

スマホと回線

まだまだ熱い「Xiaomi Redmi Note 9s」を確認してみました。

楽天回線専用端末として通信のすべての点で対応しているので頼もしい限りです。
今後のRakutenMobileの動きが楽しみです。

台風一過のあとは残暑が更に厳しいようです。被災された方もおられると思うので熱中症対策をして体調にもお気をつけください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

Sponsord Link