Pocket

お元気されているでしょうか。

コロナウイルスの影響の中で少しづつ緩和ムードかと思えば、感染者もまた増えてきているそのようなニュースも耳にします。

このタイミングで、iPad、iPhoneのアップデートが来ました。iPadOS13.5.1です。iPhoneでは、iOS13.5.1ですね。
しかも、先日iPadOS13.5・iOS13.5のアナウンスがあったばかりです。

iPadOS13.5

その時のアップデートは、このコロナの時期に合わせて、マスクが付いていてもフェイスロックが解除しやすくなるようにする、アップデートでした。
確かにiPhone、iPadをしようするためにのロック解除のたびに、コロナの危険リスクを高めていてはあまり意味がないですよね。
コロナウイルスも含め、ウイルス性の菌を体に取り入れてしまうのは、口元や鼻を触ってしまうことによるものが多いようです。
せっかくマスクをして、菌対策、コロナ対策をしていても、スマホを触るたびにマスクを外す、しかも無意識のうちにそうすることもあるかもしれないと思うと、iPadOS13.5・iOS13.5のアップデートはある意味「コロナ予防」対策と言えるかもしれません。
特に、根拠があるわけではありませんが・・・・

この度のアップデートは?iPadOS13.5.1から

iPadOS13.5.1

iPadOS 13.5.1には重要なセキュリティアップデートが含まれ、すべてのユーザに推奨されます。

対応機種:iPhone 6s以降、iPad Air 2以降、iPad mini 4以降、iPod touch第7世代
影響:アプリケーションがカーネル特権で任意のコードを実行できる可能性がある
説明:メモリ処理の改善により、メモリ消費の問題が解決されました。
ーAppleのサイトより (Google翻訳使用)

セキュリティアップデートなので、インストールすることによりウイルス対策になりますね。この場合はコンピューターウイルスですが。
以前はiOS、今はiPadOSもありますがAppleの製品は、ウイルス対策に強いと言われてきました。
しかし、最近はAppleの製品を使用する人も増えているため、ウイルスの種類も変わってきているのではないかと思います。
基本的には、モバイル機器は特殊な使用の仕方(root化など)をしない限り、OSの元の部分(kernel)が不用意に触られてしまって動かなくなるということができるだけ起こらないように設計されています。親切な設計になっています。
iPadやiPhoneを使用されている方は特にウイルス対策のソフトを特に入れてないことが多いと思いますので、このようなセキュリティアップデートをしっかり行うことでもよりウイルス対策を強化することができます。
この度のアップデートもOSの元の部分(kernel)への攻撃を守るセキュリティ対策だそうです。

不審なメールやアプリを開かないこともウイルス対策になりますね。

まとめ

Sponsord Link



iPadやiPhoneをが今までよりも、さらに生活の中で使用するようになっているのではないでしょうか?
コロナウイルスの影響で「テレワーク」や、「オンライン帰省」のときに、活用された方も多いと思います。わたしもその一人です。

まずは、しっかりと手洗いうがいを行って、コロナも含むウイルス対策をして、その後、スマホやタブレットなどの中のウイルス対策もしっかり行いたいと思います。

あっ、

iPhoneやiPad「本体」の除菌も忘れずに。

最後まで読んでくださりありがとうございました。