月曜日になり、今週も始まりました。新型コロナウイルスの感染拡大の影響が止まりません。いつもの月曜日は感染者が少なくなるようですが、今日は減り方がいつもより少ないようですね。引き続き警戒を緩めないように心がけたいと思います。

今日は、楽天モバイルのiPhoneのサービス状況を今一度確認しておきたい思います。基本的に楽天モバイルはiPhoneを楽天回線端末としては、発売していないので、サポート対象外となります。しかしiPhoneユーザーにも「Rakuten UN-LIMIT V」がどこまで使用できるか対応表が公式サイトに掲載されていますので確認しておきましょう。

iPhone12と楽天モバイル・Rakuten UN-LIMIT V

iPhone12

最新のiPhone12は基本的には使用可能です。データ通信と通話(RakutenLinkアプリを使用)がかけ放題になります。しかし海外への通話は使用不可能となっています。

公式サイトによると、「iPhone12」と「iPhone12Pro」の情報が出ています。現時点(2020/11/16)では、他のiPhone12のシリーズについての情報はありません。予測ではありますが、「iPhone12ProMAX」や「iPhone12mini」も「iPhone12」と同じ様になるのではないかと思います。海外への通話通信は非対応となっています。




iPhone SE(第二世代)は使用できる?

iPhoneSE第二世代対応表

iPhoneSEの第二世代も大人気の端末ですね。コスパがよく機能も充実しています。新しいiPhoneにはホームボタンがついていませんが、物理的なボタンがほしいというユーザーの心をまだまだつかんでいます。

iPhoneSE(第二世代)も「iPhone12」と同じ結果ですね。海外への通話通信には対応していませんが、基本的な国内通話、データ通信は使用可能です。

では楽天モバイルで使えないiPhoneはどの世代から?

iPhone X対応表

iPhoneXR対応表

iPhoneXを使用されている方は、楽天モバイルの対応が使用不可であることがわかります。
iPhoneXR以上からということになりますね。「iPhone12」「iPhoneSE(第二世代)」と同じ使用方法で対応していることになります。

楽天モバイルでiPhoneを使用するための注意事項

※お持ちのiPhoneが動作確認済製品であったとしても、当社の動作保証対象外になります。
※楽天回線対応製品以外の製品の設定・操作方法については、お客さまご自身でご確認いただくか、機種購入事業者までお問い合わせください。楽天モバイルでは、ご質問対応などのアフターサービスを提供できません。




Rakuten UN-LIMIT Vのデータ通信や通話は基本的に使い放題なので実際に今持っているiPhoneで使用したいと思われるかもしれませんが、楽天回線対応製品ではないために、動作保証外になってしまいます。ご自身で通信をつなぎ直す方法や、アクセスポイントの設定などができるなどの確認が必要になります。

iPhoneもデュアルSIMの端末が増えてきているので楽天モバイルを試したくなりますね。

まとめ

楽天公式サイトよりiPhoneがどこまで使用できるか確認してみました。ユーザーご自身が使用してきた愛着のあるiPhoneで楽天モバイルが使用できるといいですね。

通信環境の充実は今後も必要になると思います。新型コロナウイルスの感染拡大が続いているので、スマートフォンやタブレットで情報を確認することが今後も必要になってきます。STAYHOMEでシンプルライフを心がけましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

Sponsord Link