ahamo(アハモ)NTTドコモの値下げプラン4つの特徴は?

「アクションプラン」によって通信料金の値下げが叫ばれる中、NTTドコモが新たな料金プランを発表しました。新しいプランは「ahamo」プランです。

ahamo(アハモ)とは何のこと?確認しておきましょう。

「ahamo」とは

新しいスタイルをスタートする男性

ahamoには以下の3つの意味を込めています。

(1)「未知の物事を瞬時に理解すること」を意味する「アハモーメント」

(2)「なるほど」という相づちの英語表現「Aha」

(3)「楽しい時にアハハと笑う」感嘆詞としての「アハ」

この新たな料金プランahamoを通して、お客さまに「驚き」、「喜び」そして「楽しさ」を感じていただくことをめざしています。

NTTドコモ公式サイトより

新しい雰囲気を持つ名前ですね。「ahamo」アハモプランです。すでにこの料金プランの名前からして、「驚き」という感じがしますね。Ahaは「なるほど」という「相づち」の表現にもなるんですね。英語の「アーハー」という表現として、語尾を少し長めに伸ばすこともあるかもしれません。

Ahamoプランの4つの特徴とは




1:データ通信20GBに低速時の1Mbps!

何よりもまず注目したいのは「データ通信20GBに低速時の1Mbps」です。今までのプランでは考えらない料金プランとそのプラン内容ですね。

低速時のデータ通信は「1Mbps」で使用できるかどうかは、大きな違いです。
今までも、「1Mbps」について考えてきました。以前の記事はこちら

2:データ通信プランの内容・5Gに対応!

さらにこの「20GB」のデータ通信プランの中には、82カ国の海外仕様も含みます。これも大きな特徴の一つですね。楽天モバイルの「Rakuten mobile UN-LIMIT V」でも海外データ通信プランも使用できましたが、海外の指定されているエリアは66箇所となっています。ですので「ahamo」プランの方が海外での使用エリアは広いことになります。

もちろん「5G通信」にも対応しています。今後更に使用エリアが広がると予想される「5G」の電波も掴むことができ、新しい5G通信への期待することができますね。

Sponsord Link



3:通話について

通話についても「5分のかけ放題」も「ahamo」のプランに標準装備されています。通話する場合も5分であれば料金がかかりません。更にオプションで(+1,000円/月)でかけ放題も無制限のかけ放題にすることができます。ただし、(0570)(0180)などの他社接続サービスの場合や、(188)(189)の特番、番号案内、衛星電話などへの発信は対象外となります。ほとんどの無制限のかけ放題と同じ条件ですね。通話に関してはストレスフリーで使用することができますね。月額+1,000円で別途通話料金を気にせずに話をすることができます。

4:各種手数料が無料!

さらに、楽天モバイルの「TADA5G」に追従するかのように「新規契約事務手数料」「MNP転出手数料」「機種変更手数料 」をすべて無料!思い切りがありますね。

二年の定期契約のような「縛り」もありませんし、「解約金」もすべてなし!

NTTドコモの広い通信エリアを考えると非常に魅力的なプランに仕上がっていると言得ると思います。

キャリアメールの提供はありませんが、今の時代では「WEBメール」のYahoo!メールやGoogleのGメールなどでメールを送ることは可能です。さらにはSNSをメールの代用として使用することも増えています。若い客層をターゲットにした「ahamo」プランなのでキャリアメールの提供はなくても十分対応できますね。

そして価格は? 開始時期は?

それで「月額2,980円(税別)」の価格で提供。楽天モバイルの「UN-LIMIT V」と同額ということになります。

そして開始時期は「2021年3月」

ということは、「UN-LIMIT V」の無料プランが終了する最初のユーザーが切り替えるか継続するかの判断を迫られる時期と重なります。切り替えるユーザーの選択肢の一つとして「ahamo」プランが対象となるかもしれませんね。




まとめ

・ahamoとは

・Ahamoプランの4つの特徴とは

・そして価格は? 開始時期は?

NTTドコモの新しい料金プランについて調べてみました。いよいよ他のキャリアも黙っていられなくなるかもしれません。もちろん楽天モバイルも含めてです。

これから新たな通信キャリアを選択するときにも、「ahamo」は値段の安さとNTTドコモの通信エリアの広さの強みが生かされると予想できます。2021年もまだまだ通信料金の値段競争は続きそうです。ご自身の生活と各キャリアの通信エリアをよく考えて選択していきたいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

Sponsord Link