Pocket

今週はビデオ会議システムの「Zoom」について独自目線で取り上げてみました。

ところで、Zoomってどこの会社なのでしょうか?
巷には同じ「Zoom」という会社があります。
わたしも最初に「Zoom」と聞いたときには、このビデオ会議システムの会社は思い出しませんでした。
全く内容の違う会社のイメージが出てきました。

今では、これほどまでに浸透していてMicrosoftのSkypeやTeams
あるいは、LINEのビデオ通話などと方を並べる選択肢にまでに存在感を示してきました。

ところで、Zoomはどこの会社なのでしょうか。見ておきましょう。

Zoomはどこの会社?

Zoomマーク

Zoomビデオコミュニケーションズ(ズームビデオコミュニケーションズ、英: Zoom Video Communications, Inc.)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州サンノゼに本社をおく企業で、2011年に中国出身のエリック・ヤン(中国名:袁征)が創業[1]。通称はZoom(ズーム)。クラウドコンピューティングを使用したWeb会議サービスZoomを提供する。
−wikiより

会社はアメリカのカリフォルニア州サンノゼが本社となっていますね。

サンノゼ−Google Earth

サンノゼとはどのようなところ?

サンノゼはコンピュータ関連企業が多く集まるところで、「シリコンバレーの首都」としても名高い場所のようですね。テクノロジーの集大成のような場所ですね。新たなアイデアを形にしていくプログラマーがたくさん働いておられるのかもしれません。
お隣の都市であるサンフランシスコが大きな街なのでその流れもかなり受けて地域が発展しているようです。
ベトナム系アメリカ人の多い都市でベトナム系の人々が人口の1割を占めるそうです。

日本の岡山市とサンノゼが姉妹都市なのも意外でした。(1957年から)
日本とかなり古いお付き合いがあるんですね。

それでは他にも「Zoom」と名の付く会社について見てみましょう。

まずはここ

Sponsord Link



Zoom

https://www.zoom.co.jp/ja

株式会社ズーム(ZOOM CORPORATION)は、日本の音響機器メーカー。ハンディレコーダー、ハンディビデオレコーダー、ギターとベース用のコンパクトエフェクター、オーディオ・インターフェース、マルチトラック・レコーダー、ドラムマシン、その他の関連製品を製造している。

エフェクターの画像
ーイメージです。

私が最初にイメージしたのはこの音響機器メーカーの会社です。
Zoomの音響機器は安価で使いやすかったので、「Zoom」という言葉に一番にピンときました。
「Zoom1202」だったと思います。ラックマウント式のエフェクターを使用していました。軽くリバーブなどをかけるのに使っていたのを思い出します。

この音響機器のZoomのサイト「お問い合わせにページ」によると・・・

当社はWEB会議サービスの「Zoomミーティング」とは何ら関係ありません。ご注意ください。

となっています。
でも、このサイトがとても優しいんです。

”「Zoomミーティング」とは何ら関係ありません。”と表記はされていますが、
しっかりと、「Zoomミーティング」のところが、ビデオ会議システムの「Zoom」のリンク先になっています!!
これは感動ですね。優しいですね。
ぜひ「ズーム製品お問い合わせ」サイトでご確認ください。
こちらから

確かに違う業種のお問い合わせに来られても困るとは思いますが、相手のニーズにしっかりと答えているところが素晴らしいと思いました。

他にも

Zoom co.ltd
http://zoom-car.co.jp/index.html
ポルシェ・ランボルギーニ−・ベンツなどの輸入車専門中古車販売

Zoomというゲーム会社もあるようです。

SOURCENEXTの「あとからズーム」という動画ソフトにはビデオ会議システムとは関係ないもののようです。
被写体をズームアップさせてインパクトのある動画を作れるそうです。企業名とは関係ないですね。

さらに

車のマツダのCMで

「♪Zoom Zoom Zoom♪」
というのがありました。

zoomzoomzoom 画像

『Zoom-Zoom』とは何なのでしょうか?

『Zoom-Zoom(ズーム、ズーム)』 は、マツダのブランドコンセプトであり、子供の時に感じた動くことへの感動を愛し続ける皆様のために、心ときめくドライビング体験を提供する商品造りを目指すマツダブランドを表現したものです。
日本で ブーブー という、クルマの走行音を表す子供言葉を、英語で ズーム、ズーム と言います。

マツダのサイトより

なるほどー車の走行音だったんですね。ただの、ノリノリな感覚だと思っていました。
調べてみるとよくわかります。

まとめ

Zoomに関係するいろんな分野を考えてみました。
書いていくうちにどんどん会社名だけでなく、全く関係ないところにまで進んでしまいましたね。
「Zoom」で思いつくピックアップをしてみました。

最後まで読んでいただきありがとうございました。