my 楽天モバイルアプリがフリーズ状態から復旧済み!原因は?

インターネットの環境が良くてもアプリが動かないことがあります。スマートフォンの本体が原因なのか、Wi-Fiの電波が調子が悪いのかアプリが動かないと不安ですね。
それが「my 楽天モバイルアプリ」の場合さらに不安が大きくなります。
原因と不安の理由を確認しておきましょう。

my 楽天モバイルが使えなかった原因は何か

My楽天モバイルが復旧された

楽天モバイルの公式アナウンスによると「アクセス集中によるもの」とのことです。

わたしも昨日「my 楽天モバイル」アプリで楽天回線エリアをつかんでいるのか、それともパートナー回線なのか確認しようと思っていました。しかし、Rakuten Miniからアプリを起動しようとしても、全くと行っていいほど最初のロゴから動かずに、アプリの起動には至らないという状態が続いていました。

最初に考えたのは、楽天回線エリアと、パートナー回線エリアの狭間で何かが起きているのではないかと思いました。比較的最近に楽天回線エリアとなった場所もあったので、もしかすろと、通信エリアについての何らかのテストでも行っているのではないかと考えていました。それでにしてもアプリがフリーズしているので、少し心配していました。

楽天モバイル公式サイトのおしらせ情報はこちら

「my 楽天モバイル」アプリがフリーズすると何ができない?

楽天モバイルの契約情報なども確認できますが、特に必要なのは「今が何の回線でつながれているか」という確認です。

今つながっている4Gエリアの通信が「楽天回線エリア」なのかそうでないのかを確認することができます。その確認をしていないと、楽天回線エリア内でも、いつの間にか「パートナー回線エリア」に戻ってしまっているということもありえます。その時の確認のために「my 楽天モバイル」アプリが必要です。この機能はAndroidスマートフォンのみです。

毎月のデータ通信の容量も確認できるので、パートナー回線エリアで使用できる5GBの容量が現状どれほどの残量なのか把握することができます。もし容量を節約したい場合は、「my 楽天モバイル」アプリ内の高速と低速のデータ通信の切り替えスイッチを「低速」に設定されることをおすすめいたします。低速モードでも楽天回線エリア内に入れば、自動的に(対応している端末のみ)無制限の通信状態経と高速エリア回線となります。

楽天モバイル公式サイトのお知らせ情報はこちら

すでに復旧済み・・・・ということは?

今では、安心して申し込めるということになります。

アクセス集中していたということは、それと同時に新規申し込み一年無料が、いよいよ終わりに近づいているのかもしれません。
300万回線が埋まってくるかもしれません。すでに220万ユーザーはアナウンスされていましたね。

まとめ

トラブル解消

「my 楽天モバイル」がフリーズ状態から復旧されていてとても助かります。その原因が「アクセス集中」ということでした。楽天モバイルの人気度が上昇している証拠なのかもしれませんね。Rakuten UN-LIMIT Ⅵは画期的なプランといえます。楽天グループならではの戦略だと言えます。

インターネットの環境が良くてもアプリが動かない場合、契約してい流通新会社の公式サイトを確認してみると、何らかのお知らせがあるかもしれません。通信会社本体の問題の場合はどうしようもないですからね。楽しいインターネットライフを!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

Sponsord Link