Pocket

通信はどの家庭にも大きくのしかかってきていますね。

通信費1ヶ月、1万円はかかると考えるのが今の時代の流れなのかもしれません。

通話料よりもデータ通信量がどうしてものしかかってくるので、基本使用料が高くなってきます。
それとともに、一家に一つの固定回線を契約している場合が少なくありません。

わたしもところに、3G契約が今後終了するというお知らせがMNOの会社から届きました。
3Gからスマホへの変化する時代の変化にどのように対応しているか。
その中で、どのように節約しながら自分にできることを行うか考えていきたいと思います。

楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT V

Rakuten UN-LIMIT V

昨日の5Gプランの発表により、ある意味他の通信会社から一歩先に踏み出した形になッタと思います。
業界の値下げを強いられている状況で、4Gから据え置きの「Tada5G」。

データ通信が使い放題、あるいは「無制限」として発表するのも難しい時にも可能性を発表する強みが、今後に大きく影響していくと思います。

通信費も¥2,980は業界でもかなりの安い通信費で徹底した使い放題が魅力的なプランと言えます。

現在も実際にスマートフォンを使ってデータ通信していますが、パートナー回線でも十分な通信を行うことができます。
最近、自分の行動範囲野近い場所が、楽天回線エリアになり実際に楽天回線の中で「Rakuten Mini」を使って通信してみました。とても快適な環境でしたね。テザリングをして、スマホを使用してみましたが大きな遅延もなく、スマートフォンに入っているアプリのアップデートも思ったより早くダウンロードすることができました。

楽天回線エリアが今後も広くなっていくのであれば、この「Rakuten UN-LIMIT V」は、選択肢としてかなり良いと思います。一年間無料、そしていつでも解約でき、解約手数料もとらない。試して見る価値だけでもありますね。

通信費を極力減らすということと、通話、通信状態をいまよりも良くするというどちらもできるのが「Rakuten UN-LIMIT V」ということになります。通信費 ¥2,980で5Gも使用可能なのは画期的と言えますね。

できるだけ節約でシンプルに契約する方法は?

Sponsord Link



楽天モバイルのプランは「Rakuten UN-LIMIT V」しかありません。
シンプルですね。他に選ぶ方法はありませんが、プランがしっかりしているので、他にプランをつる区必要もないのかもしれません。

プランはひとつなので、節約できるのは楽天回線専用端末ということになります。
現在、5Gを実際に使えるのは「Rakuten BIG」と「AQUOS R5G」のみなので、節約して5Gを使用したいとなると、「Rakuten BIG」が選択肢になります。

4G端末で、使いやすさと端末代の割引率が高いのが「0PP0 A5 2020」になりますね。本体代は ¥20,019 かかりますが、最大 26,300ポイントのキャッシュバックがあるので、実質0円以下で購入することが可能です。

この端末については以前の記事もご確認ください。

キャッシュバックのポイントは、一気に還元されるわけではありませんが、わたしも先月末にキャッシュバックポイントが幾らか戻ってきました。その点も安心できますね。
楽天ポイントは楽天市場や、他の楽天カードの加盟店で使用することが可能なので、車のガソリンや、レストランでの食事などに使用できます。

まとめ

振り返る椅子に座っている女性

楽天モバイルで節約できる見込みはどれほどあるのでしょうか?

楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT Vで、通話もデータ通信も使い放題が可能です。

できるだけ節約でシンプルに契約する方法について OPPO A5 2020を購入するという方法で節約も考えることができます。最近この端末は、Android10にバージョンアップも行われました。

通信費を少しでも節約するための選択肢として、「Rakuten UN-LIMIT V」はありですね。
よりシンプルなネットライフになることを願っています。

最後まで読んでいただきありがとうございました。