Pocket

Sponsored Link

こんばんはスルトの時間です。<(_ _)>

さらに今日は、macOSHighSierraがキターッ!

と喜べるだけではない点についてスポットを当ててみたいと思います。

今回のmacOSHighSierra対応機種は?

ハイシエラ
ハイシエラ画像

アップルのサイトを見ると次のように書かれていました。

Macの以下のモデルがmacOS High Sierraに対応しています。

MacBook(Late 2009以降)

MacBook Pro(Mid 2010以降)

MacBook Air(Late 2010以降)

Mac mini(Mid 2010以降)

iMac(Late 2009以降)

Mac Pro(Mid 2010以降)

Appleサイトより

ということは、

いままで、Sierraがインストール出来た機種はほぼ大丈夫ということになりますね。

現時点でEL CapitanがインストールされているMac達は確認が必要です。

ちなみにEL Capitanの対応機種は

OS ELCapitan

対応環境/システム条件
iMac(Mid 2007以降)

MacBook(Late 2008アルミニウム製、またはEarly 2009以降)

MacBook Pro(Mid/Late 2007以降)

MacBook Air(Late 2008以降)

Mac mini(Early 2009以降)

Mac Pro(Early 2008以降)

Xserve(Early 2009)

Wikiサイトより

になります。

今までMacbookもじわじわアップデートにより現状維持を迫られ、

そして最終的には忘れられいく機種がありますね。悲哀を感じます。

もう一世代前のYosemiteに至っては・・・・

しっかり自分の機種がいつ発売されたものかしっかりと確認してくださいね。

まとめ

Sponsored Link

技術が発達していくのは素晴らしいことです。今こうして、Macで記事を書いていますが、

こんなことが出来るのも、技術の発展のおかげです。

しかし、残された機種もしっかりと居場所を与えてほしいものです。

今までしっかりとお世話になってきた機種ですから・・・・

MacもWindowsもそうですが、いろいろ出来ることが多いので、ついつい無理をさせてしまいますが、

何かの専用機にして、いろいろソフトを入れないようにして使うといいかもしれませんね。

いろいろ連携できることに良さを感じていたので、引き算の考え方が必要なのかもしれません。

古い機種も活躍させる方法があればまた教えてください。

ほかの記事も参考にしていただければと思います。

・macOSHighSierra10.13がさらに来たよ!追加無料アップデートで何か変わった?

・今日からアップデートmacOS HighSierra(ハイシエラ)の新機能を3つご紹介!

以上スルトでした。

Sponsored Link