生活圏が楽天回線エリアになりました!通信環境が一気にアップ!

今週も始まりました。寒さが続きますが、体調管理は順調でしょうか?

新型コロナウイルスが蔓延しているなか、ある医療従事者にお聞きするとインフルエンザの患者さんはかなり減っているそうです。やはり手洗いやうがいマスクの使用など、昨年では少し防御が緩かった人たちも今年はしっかりとされているようで、いつもよりも少ないそうです。

このまましっかりと感染対策を行って体調整えて感染拡大を防ぎたいと思います。

昨日のまとめの中でもお知らせしましたが、昨日「Rakuten Mini」を操作していると、なんと!「楽天回線エリア データ無制限」の文字が!!

いつの間にか生活圏が楽天回線エリアに入っていました!データ無制限をゲットしました。生活圏内だけですが・・・確認しておきましょう。

通信改革が起きる前フリ?

一昨日の通信回線が非常につながりにくい状態になっていました。通常使用の回線のつながりも悪かったので、「Rakuten Mini」からテザリングで使用していました。

ビデオ通話をする予定でしたが、それもなかなかつながったりつながらなかったり断続的な通信でした。以前は「Rakuten Mini」テザリング状態の低速通信でもビデオ通話をすることが可能だったのですが、その日は使用することができませんでした。

すでに手持ちの「5GB」は使い切っていた状態ということもあるのかなと思っていましたが、パートナー回線ですべての容量を使い切ると低速通信「1Mbps」に落ちるだけなので、それほど大きな問題とは思っていませんでした。

結局その日はもう一つある回線を使用して低速でもビデオ通話を行うことができました。




次の日の朝に・・・

楽天回線エリア

Rakuten Miniの通信量を見るため「my 楽天モバイル」のアプリを起動してみると、なんと「楽天回線エリア 無制限」と出ていました。

おーっ!いつの間に!

なるほど昨日の通信がつながりにくかったのはこのことだったのかな?と一人で思案しながら楽天回線エリアが生活圏内に来たことを喜んでいました。

すでに手持ちのデータ容量は0GBでしたが、楽天回線エリアなのでそのようなことは問題ではありません。
しっかりとデータ通信ができています。RakutenMiniの中のアプリの更新もサクサクできます。非常に早いですね。ビデオ会議のバックアップとしても十分機能することが期待できます。今までも十分できてましたが、さらに安心度が増しましたね。

楽天回線エリアを確認してみると

楽天モバイルの拡大エリアを今一度確認してみました。

わたしの生活圏エリアは、2020/12/21午後8時22分現在ではまだ楽天回線エリアとしては表示されていません。2021年2月末までに入る予定として表示されているエリアです。

しかし今年中に楽天回線エリアになるとは思っていませんでした。これでいよいよ今後の通信環境をどのように使用していくか選択肢が広がりました。通信費と使用頻度を考えて決定したいと思います。「ahamo」も気になりますから・・・

まとめ

・通信改革が起きる前フリ?

・次の日の朝に・・・

・楽天回線エリアを確認してみると

通信環境が快適なのはストレスが少なくなりますね。使用している端末の日々のメンテも必要です。

今週も寒さが厳しくなりそうです。いつもより一枚着るものを多めで暖かくして過ごしたいと思います。
手洗いマスクを忘れずに除菌スプレーをしっかり使用して感染対策を行いたいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

Sponsord Link