Rakuten WiFi Pocketの申込方法を確認してみた

インターネットの環境作りは今必要となっています。今まではそれほどいらない、どこかの無料Wi-Fiを使えばなんとかなると思っていた人も、新型コロナウイルスの影響で外出しないようになるとある意味環境が変わってきます。

今までは生活する方法や方向性が大きく変化してきました。

そのような時にインターネットの環境を新たに作るために楽天モバイルの「Rakuten Wi-Fi Pocket」を確認してみましょう。

「Rakuten Wi-Fi Pocket」0円キャンペーンについて

だれでも実質0円でWi-Fiルーターをお試しでゲットすることができます。
お試しと言っても、データ通信は楽天回線エリアであれば使い放題なのでネット環境は良くなると思います。パートナー回線エリアでデータ容量を使い切ったとしても、「1Mbps」で使用することが可能なので、メールやLINEだけでなく、動画を見たり、テレワークを行ったりすることも可能です。

Rakuten Wi-Fi Pocketの本体については以前の記事にも載せています。

「Rakuten Wi-Fi Pocket」申し込みについて

楽天会員であることが必須です。なので、楽天会員にまず登録する必要があります。
さらに、本人確認書類が必要です。年配の方の中には運転免許書をすでに返還されている方もおられると思います。
そのような場合は、健康保険証やパスポートなども使用可能です。ただしこの場合は補助書類が必要となり、公共料金の請求書や領収書(3ヶ月以内のもの)氏名と住所が、お申込者と一緒でなければなりません。

Rakuten WiFi Pocketの詳細ページへ移動して「Rakuten UN-LIMIT V」と「製品(Rakuten WiFi Pocket)」を購入します。同時購入する必要があります。

そしてさらに、アンケートに答えると1円ゲットすることができます。

これでインターネット環境を確保することができますね。最初の事務手数料も無料ですし、一年間は基本使用料無料なので最初からの通信費出費も抑えることができます。

まとめ

通信環境を作るために、実質0円、初期投資0で始められるのは今の所「Rakuten WiFi Pocket」だけかもしれません。さらに基本使用料一年間0円でほぼ使い放題のネット環境を手に入れることができます。

現時点で最安値ではないでしょうか?本体代も事務手数料もかからないので、初期投資もありません。
すでに楽天モバイルの「Rakuten UN-LIMIT」を契約しているユーザーは難しいですね。本人の2回線目は
一年間無料の特典がつかないので注意が必要です。

寒さも厳しいので体を温めてコロナ対策を徹底して安全を高めたいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

Sponsord Link